等身大株式会社

講師としての心得。

(公開: 2014年04月18日)

I have a dream today.

新たな会社に飛び込み10日、研修講師として、忙しくさせていただいています。

研修は、その方の人生のたった一瞬。
その一瞬を使って、その方の人生を変えるなんて、おこがましいことは、全く思っていませんが、プレゼンターとしては、相手の心を変容させることに、ひたすらにこだわるべきだと思っています。

皆さんが日常で躓いた時に、皆さん自身で美しく立ち上がるためのヒントをお伝えできたらなあ、と最近よく考えています。

だから、VITA研修は、結構スパルタなんだよ〜
昨日まで実施していた3日間連続研修でも、とにかく失敗をたくさんしてもらいました。転んでいただきました。
転んだあと、美しい立ち上がり方をお伝えしています。そして、自力で、立ち上がっていただく。

その時、皆さん自分にも、できソウ、まだまだ、俺は伸びソウ、という良い予感をもちます。

この、〜シソウ!という良い予感と、自主トレへのモチベーションこそ、私の研修でのプレゼントです。

昨日も、受講者の方が、

『人前で話すことは、その人の才能だと思っていたけど、訓練すれば見違えるようにうまくなることが一日で実感しました。今後の希望が見えました。』

と研修を振り返られたり、

日曜日のとある新人研修後、

『少し心配だなあと感じていた新人の一人が、お客さんへの対応が変わりました!しかも、職員へも声掛けをするようになったんで驚いています』

なぁんて後日談を管理職の方からいただきました。

間違っちゃいけない。私にできることは、限られているんだ。
だからって、時間をいただくんだから、仕事をしなければならない。

講師は時に、自己陶酔に陥ってしまいがちだけど、パフォーマーとは違う。教育者として、プレゼンターとして、相手の心を変容させることが、ミッションなんだ。

だとすれば、私は自分のことを印象づけることではなく、相手が、サヨナラ!と、飛びたっていける環境づくりに、全ての熱量を懸けたいと思う。
教育者として、そうした心得でありたい。

一期一会なお仕事です。

お別れの餞別に、真っ赤なダルマを差し上げよう。
あなたなら、転んでも起き上がれますよ。という意味を込めて。

私がお会いした方には、
まだまだ、だから、これから、なんだ。を実感していただこう。
たくさん転んでもらおう。
転んでも、美しく一人で起き上がる力をつけていただこう。
一度でも、それが出来る瞬間までは、傍で見守らせてもらおう。

圧倒的な熱量をもって、私は飽くなきその挑戦を続けます。

今週私が得た学びは、私が今世を終えるまでずっと、忘れないんだろう。

受講者の方の知らないところで、嗚呼。魂が喜んでいます。

I have a dream today.

本当にありがとうございます。
私が今、講師として目指したいソレは、私が出会ったたくさんのカッコいい大人達に教わったことです。

明日も、ハイブリッドカーを走らせます。
もっともっと、柔らかく、そして、逞しくなりたい

追伸
2010年のアロハのネタ、うちはダルマや、転んでも起き上がる!海空花子です!人を笑わせるために作った、この言葉が、4年後、仕事で欠かせないメッセージになるとは、思いもよりませんでした。

LINEで送る
Pocket