等身大株式会社

ヘルメス社員研修。『神様はバリにいる』鑑賞会(^O^)/

(公開: 2015年02月02日)

オツカレーライス〜♪。

『神様はバリにいる』をクロイワ先生にお声がけいただき、見に行ってきました!

結論、とにかく、とにかく良かったです。
私にはめちゃめちゃ刺さりました。

儲けるとは、
人を豊かにすることや!

失敗したときこそ、笑え!

爽やかさが大切。

感謝を徹底的に大切に。

尾野真千子が堤真一の言葉をメモってくのですが、もう、それこそ、映画中メモ取りたかったわ笑

そして、先生と見に行ってるので、あんまり泣いてもなぁっと思ったら、汗めっちゃかいたw

それでも、結局エンドロールでは大号泣、、!

エンドロールでは、尾野真千子演じるテルちゃんの姿と自分が重なり、自らのことを考えていたんです。

思えば芸人を辞めてから、ずっと中小企業の社長さんと共に仕事をさせてもらってたなぁと。

鞄持ちこそしていないですが、
ピタっと社長たちのうしろに付いて、仕事、を学ばせていただきました。
研修講師をしておきながらなんですが、経営者の元で働く、それ以上の研修はないと断言できます。

共通して、前向きで、人を豊かにすることを考えていた彼ら。
何にも何にも知らなかった自分を、まだまだですが、育てていただいたと思います。

そして、こうして、この映画を現在の私のボスである先生と見にこられたことに痛く痛く感動し、涙が止まらなくなりました。

私は、ヘルメスに入り、もう自分で言っちゃうとw、急成長した、と思います。
今まで吸収し続けた色々が、爆発した感覚です。
そして、それを促してくださったのは他でもない、クロイワ正一さんです。

先生は、明るく爽やかで、鈍感なほど楽観的。
人を、社会を豊かにしたい、雇用を生み出したいと考える姿勢を貫き、
気前の良い、常に与える精神を持っている

もちろん、一緒に働いて毎日すべて幸せか、と言えば、お互いに!wそうではないと思います。

それでも、私は豊かです。
豊かにしていただいています。

『神様はバリにいる』
仕事とは、働くとは、が詰まった映画でした。

役者の仕事も合わせて感じられ、
堤真一のANIKIがとにかくカッコ良過ぎたし、尾野真千子との掛け合いが迫真過ぎました。
すべての言葉が心に刺さり、心根こそぎ動かされたよ。

表現って、芸術って、ストーリーって、そして、仕事って素晴らしい!

私はこの会社、ヘルメス株式会社で働く喜びーたを、もっと他の人に伝えていきたい。

社員を、仲間を増やしていきたい。

そのために、まずは、自分が頑張りたいと思う。

儲けたいと思う。

そして、私はやっぱりエンターテイナーだから、人を喜ばせたい!

IMG_9901.JPG

LINEで送る
Pocket