まぐあい〜♪

まぐあい〜♪〜性行為の捉え方を変える

 
目と♪目で♪通じ合う♪チャチャチャ✨💓😍

 

愛する人と見つめ合うだけで、
心に、ふぁっと花が咲くような心地になる経験を、誰しもしたことがあるでしょう💖

 

私は、親密なパートナーとの個別的体験から、講演中に高校生の眼差しと通じ合っている感覚になる集合的なものまで、体感したことがあります。

 

それを日々、感じています。
合った瞬間、体の中心に喜びーが突き抜ける。
そんな体験を無数にできるお仕事は本当に贅沢です。

 

実際、「ウチら、あうぅ〜💕」というのは、私の講演中の口ぐせなの😆
それは、合っていたから、そう思ったんだなあって、なんだか、とっても今日、櫻祭子さんのセミナーを受けて、物凄く腹落ちしました✨
https://www.facebook.com/events/1020758741305176/?ti=icl

 

祭子さんのセミナーでは、
セックスレスという切り口から
・性行為の言葉の捉え方の誤り
・AV教科書の弊害
と語られました。

 

まず、そうした性行為を、
SEXではなく、まぐわいと捉えなおす😊☝️✨

 

そして、😊✌️✨
AVが間違った教科書になっている指摘。
あくまで男性のマスターベーションのためのファンタジー的な構成だから女性を喜ばせるものになっていづらい。

 

そんなこんなで、ちぐはぐ
ひとつめの、、
(今日長めよ🙏🏻)

 

SEXという言葉は、男女の交わり、という意味ではなく、
もともとは、性別という、分ける意味を持つんだそうなの。
sectionという言葉からもわかるように、男と女という違うもの、が重なった状態をさしている。

 
古く、縄文時代からの言葉では、この行為を「目合い(まぐわい)」と言うんだって。

 
祭子さんは、転じて、まぐあいと呼んでいます。
そして、昔は射精はマストではなく、
祭りで男女が目と目で見つめあったときに、もう、目合いは、始まっているのだそう。

 
そこから、肉体も交わることで、第1チャクラから第7チャクラまでエネルギーがグルグル突き抜け、
スコーンと宇宙と繋がり、一体感を得る。
私たちは、肉体である以上、魂のワンネスの境地はどうしても感じづらい、
だからこそ、見つめ合い、交わり合う中で最強の一体感、癒しを感じるんですって🤔😋
(伝わってるかなあ。*\(^o^)/*)

 

祭子さんの話を聞いていると、それこそ、どうして、自分の心が、毎日何度も何度も心がふぁっと豊かになるのがわかった。
それは、目が合っていて、
自分は打てないからだと思った。

 

うまくいえないけど、
愛し愛されている気持ちで自分がいっぱいになったとき、とにかくうれしくてたまらないんだ。
私は彼女、櫻祭子さんのお話がとても好きだった。
感覚と研究と思慮ある講座。
それこそ、こころに花が咲いた。

 

愛する心で満たされる自分のこともまた、大好きだと、思った。
今の言葉で言えば自己肯定感高めすぎて、なんか、疑われそうだけど、
そうおもったら、そうなんだ!!
今はそれしか言えまてん♪

 

 

追伸
それにしても、今日祭子さんのセミナーを聞きに行ったのは偶然とか必然のやつで。
それは、全て、愛に生きる男!稲吉創一さん、百合代さんのおかげ様です。

 

この夫妻に支えられ今日があります。
そうちゃんの誘いは全て楽しい!
そうおもってたら、ソウなった!

 

ありがとうございます。
今日出会った、全ての人に感謝します。
弊社本社を置く、みどりがおか with そうちゃん は、パワースポットです。

 

追伸②
自分は、いろーんな枠をはずしに、この世に現れたかもしれまてん!*\(^o^)/*たのしもう

LINEで送る
[`yahoo_users` not found]
Pocket
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。